避難生活本に3言語 – 日本経済新聞


避難生活本に3言語
日本経済新聞
静岡県は、外国人住民向けに「避難生活ガイドブック」の英語、ポルトガル語、フィリピン語版を作成した。県内の多くの外国人が母国語として使う3言語を採用。県はこれまで危機管理全般に関するガイドブックを多言語で作成していたが、災害時の避難に焦点を当てた実用的な冊子としての作成は初めて。 ガイドブックで ...