越境ECのプロに学ぶ!アジア・中国・台湾向けにネットショップを始める前に読んでおきたい役立つ記事一覧まとめ

2015年に入り、ますます盛り上がっている越境EC!
越境ECをはじめる前に絶対に読んでおきたい記事をまとめました。
今回の記事ではアジア・中国・台湾向けの記事を紹介しています。

越境ECの課題と可能性について


海外向け通販で月商約1億円も。越境ECに挑む5社の事例から学ぶ課題と可能性 | ネットショップ担当者フォーラム

実際の事例を元に、海外に向けた顧客対応や実店舗を絡めた戦略など、越境ECに関連した課題と可能性を提示しています。

日本のコンテンツを活かした中国市場への参入

Tokyo Otaku Modeが中国市場へ参入–アリババグループの「天猫」に出店 – CNET Japan

日本のアニメ、漫画、ゲーム、音楽といったポップカルチャーを世界に発信する「Tokyo Otaku Mode」は、アリババの中国Eコマース出店支援サービス「チャイナエクスプレス」を利用し、天猫国際への出店しました。
中国において日本商品に対する信頼や関心が上がっていることから、日本から中国への越境EC市場拡大を期待しています。

大手ネットショップ「北国からの贈り物」が越境ECに挑戦してわかったこととは

【海外販売を検討中の方へ】「北国からの贈り物」が海外販売に挑戦して分かったこと | FREEC!

約7年前に魚介類の催事販売を始めたときに感じた海外販売の難しさから、言葉の壁という大きな障害を乗り越え、海外のお客さまの心をつかんだ経緯をインタビュー形式で読むことができます。

成長を続ける台湾EC市場で事業展開を加速

GMO-PG、台湾の決済代行会社Newebと業務資本提携【ECのミカタ】

2015年8月7日、非対面クレジットカード等の決済事業を展開する「GMOペイメントゲートウェイ株式会社」が、台湾の大手決済代行会社であるNeweb Technologies Co., Ltd.との業務提携を強化するべく、「GMO Global Payment Fund(以下「GPF」)」より100万米ドル(約1.2億円(8月17日レート))の出資を行った。
「Neweb」は台湾の大手決済代行会社で、台湾の有名なECサイトである「音楽配信」「転職サイト」など台湾の多くの主要サイトに決済サービスを提供している。
2015年には約1兆台湾元に達すると予測される台湾向け販売支援の強化に加え、「Neweb」の各種決済サービスの日本展開などを中長期的に推進していく。

国語簡体字と繁体字の翻訳ポイントとは?

中国語簡体字、繁体字の違い | 世界へボカン!ブログ

アジア方面にECサイトを展開する際、どういった言語を選べば良いのでしょうか?
繁体字、簡体字の表現の違いや単語や用語の使い方について説明されています。

Follow me!

無料メルマガ会員募集中

イベント情報や最新ノウハウ、新着のサービス案内など、
海外向けのネットショップをこれから開業される方、
すでにネットショップを運営している方には集客など役立つ情報をメルマガで
配信しています。

メルマガ登録は、無料です。