台湾向け越境EC・ネットショップの代行サービス:マイクロアド開始

台湾素材

インターネット広告の株式会社マイクロアドが、関税代行から、決済、電話対応、ネットショップのサイト作成まで、

ワンパッケージ型の台湾ネットショップ越境ECサービスの提供を開始することを発表しました。

現地の台湾に拠点がなくても台湾の消費者に商品を販売可能となるサービスです。

日本から中国や台湾その他アジア地域への、国をまたいだ越境ECと呼ばれる海外向けネットショップの

ニーズが高まっています。

なぜ台湾向けなのか

その中でも日本から台湾へのネット通販の売上が伸びています。

台湾はインターネット利用人口の急速な普及率により、

現在では1兆台湾元(日本円で約4兆円)規模までEC市場が成長し、

2010-2014年の市場規模は毎年15%の二桁成長を記録し、今後も高い水準で伸び率が見込まれます。

また、有数の親日国であることも受注の伸びに影響を与えていると考えられます。

※台湾政府機関Institute for Information Industry 参照

この背景を受け、マイクロアドでは、これまでに培ってきたインターネットマーケティングのノウハウと

アジア圏に持つネットワークを生かした、

「台湾向けネットショップのワンパッケージ型の越境ECサービス」を提供開始。

サービス内容について

● 海外へ販売する商品の審査

● 関税代行

● ウェブサイトの制作

● サイトの翻訳

● コールセンターを含むカスタマーセンター

● お問い合わせ対応

● 配送のフルフィルメント

● 決済処理

● インターネット集客、プロモーション

などのサービスが提供されます。

こういったワンストップサービスを利用することで

ネットショップ事業者は、インフラの整備を行うことなく台湾向け越境ECに参入できるようになります。

マイクロアドの元々の事業である広告プロモーションを活かし

企画段階から短期間で効率的な運用が期待できます。

これにより、EC事業のためのインフラを整備することなく、台湾へ向けて越境ECを短期間で実現することが可能になります。

Follow me!

無料メルマガ会員募集中

イベント情報や最新ノウハウ、新着のサービス案内など、
海外向けのネットショップをこれから開業される方、
すでにネットショップを運営している方には集客など役立つ情報をメルマガで
配信しています。

メルマガ登録は、無料です。