海外向けのネットショップ開業に使えるWixストアの紹介と使い方

「Wix(ウィックス)」って?

ホームページを簡単に無料で作成できる「Wix(ウィックス)」にネットショップを開業する

Wixストア」という機能があります。

image1

今、東京オリンピックに向けて、日本から海外へ販売したい企業や起業家が増えています。

日本から海外へ販売することを越境ECといって、全国でも去年あたりからセミナーやイベントが開催されて

今後はさらに、海外販売に参入するショップも増えてきます。

今回はこの「Wixストア」を使った越境ECネットショップの作り方の方法をご紹介します。

海外向けのデザインテンプレートが豊富です

ホームページ作成サービスは無料から利用できます。ネットショップの機能を利用する場合は、有料です。

(利用料は、プランごとに異なりますので、Webサイトで確認くださいね)

無料プランでも、操作は確認できますので、気に入ったら有料プランにアップグレードできますよ。

無料登録をすると、すぐにネットショップのテンプレートを選ぶ画面が表示されます。

WIXのサービスは、イスラエルの企業が運営していて、世界中の方が利用しています。

そのため、海外向けのネットショップデザインテンプレートが豊富です。

image2

日本向けのネットショップのデザインは、どうしても楽天市場のネットショップのように

商品ページも縦に長く、3カラムや2カラムのデザインが多いです。

Wixストアでは、海外向けのデザインが多く、スマホユーザーも増えていますので、PCサイトとタブレット端末、スマートフォンでも

自動的に最適化されて見られるデザインテンプレートになっています。

ホームページを作るのは本当に簡単です

Wixは、元々ホームページを専門の知識がなくても誰でも簡単に作ることができるサービスのため

商品ページや開発秘話、商品の使い方などのページ作成が簡単にできます。

越境ECで海外に販売する場合には、国内販売とは別に、翻訳も必要ですし、

ネットショップが開設した後には、集客や受注対応の他、発送などすることがいくつかあります。

「ホームページを作る」という最初のところで時間がとられてしまう場合も多いので

Wixのホームページを簡単に作れるのは、そういうのが苦手な方にはいいですね。

今回選んだデザインテンプレート

今回は、このアクセサリーショップのデザインテンプレートを選択してみました。

image3

もちろん、こちらのデザインテンプレートもスマホ対応です。

image3b

今から作るネットショップの場合は、スマホ・タブレット対応している

レスポンシブWebデザインは必須です。

Wixのページ編集方法

このネックレスのネットショップのトップページを編集したい場合には、Wixにログインした状態で

右上の「編集」をクリックします。

すると、画面が編集画面に切り替わります。

image5

Wixの操作画面

image6

一般的なネットショップの作成は、HTMLで先にデザインを作りこんで、ショッピングカートに貼り付けたり、HTMLを書き込んで、プレビューで確認しながら作る場合が多いです。

Wixの場合は、Jimdoと同様に、実際のWebサイトのデザインを見ながら、

編集したい部分を変更や追加することができます。

かなり視覚的に操作ができるため、Webを触ったことがない方でも簡単にホームページを作ることができるのです。

ヘッダー画像の変更方法

image7

このヘッダー画像を変更する場合は、変更したい部分をそのままクリックします。

そうすると、変更画面が自動的に表示されます。

image8

1)ヘッダー画像を何枚かスライドさせて表示させるために、右上の「画像を追加」をクリックし

画像を追加、変更するとことができます。

2)画像の並び替えも、ドラッグアンドドロップでできます。

image9

文字の変更も、変更したい文字部分をクリックします。

そうすると、テキストの変更画面が自動的に表示されます。

文字のフォントや文字サイズ、太さや色など変更が見ながらできます。簡単ですね。

操作自体は、このあたりにして、実際の海外向けネットショップの機能について紹介しようと思います。

ネットショップ機能の表示

image10

1)管理画面右上の「ストア」をクリックします。

2)「今すぐはじめる」をクリックします。

無料プランでも、操作は確認できますので、気に入ったら有料プランにアップグレードできますよ。

ネットショップの設定画面を表示

image11

「ショップを管理」をクリックします。

そうすると、ネットショップの各種設定画面が表示されます。

image12

1)商品の新規追加は、「商品を追加」をクリックします。

2)ネットショップの各種設定はこちらのメニューで対応します。

ネットショップの各種設定項目

  • 商品・・・商品登録画面です。商品画像、説明、販売価格、在庫などの登録。
  • カタログ・・・カテゴリーのことです。
  • 受注リスト・・・注文者のリストが一覧になっています。
  • クーポン・・・割引クーポンを発行することができます。
  • 決済方法・・・決済方法を選択します。
  • 配送料・消費税・・・商品の送料、消費税の設定をします。
  • ショップ設定・・・運営者の情報、ショップ名、連絡先などの設定。
  • アップグレード・・・有料プランへのアップグレード画面です。

 

今回は、海外向けネットショップの開設ということで

日本のネットショップとは異なる設定になる「決済方法」と「配送料・消費税」の設定を見てみましょう。

決済方法の設定

image13

国内と異なり、海外向けのため、代引きや銀行振込などは利用できません。

「クレジットカード決済」、「PayPal(ペイパル)」のいずれか、もしくは両方を使用します。

「配送料・消費税」の設定

image14

海外向けネットショップの場合には、国内向けの販売と異なり、送料も国ごとに異なります。

消費税も国内向けのネットショップの場合には、お客様に請求する必要がありますが

海外向けの場合には、請求してはいけません。

そのため、海外向けに販売する場合には、日本国内向けのショッピングカートサービスは利用できません。

海外向け対応のショッピングカートやネットショップ開業サービスを利用する必要があります。

全世界に販売する場合の設定方法

1)「配送料と消費税」の設定をします。

2)「世界中のすべての国で販売する」を選択します。

3)「配送料と消費税を設定」をクリックします。

image15

1)配送料を設定します。

image16

「すべての地域に適応する」にチェックを入れ、配送料を入力します。

2)消費税を設定します。

image17

1)「すべての地域に適応する」にチェックを入れます。

2)消費税率が0%になっていることを確認して、「保存」します。

次に、特定の国に販売する方法を紹介します。

特定の国だけに販売する場合の設定方法

image18

1)全世界に販売するのではなく、特定の国だけに販売する場合には、先ほどの「配送料・消費税」の設定メニュー画面を表示し、

2)「指定した国や地域でのみ販売する」をクリックします。

3)プルダウンメニューから販売する国を選択します。

image19

今回は、例として、「アメリカ」と「イギリス」を選択しました。

複数の国を選択することができます。

※中国向けは現在利用できません。

国ごとの配送料の設定方法

image20

配送料の設定のところで、先ほどは全世界一律で設定しましたが、

今回は国ごとに送料を設定します。

1)例として、「アメリカ」を選択しました。

2)「一律料金」か「重量帯」の重さに応じた設定か選びます。

3)配送の名前と(今回は、国際EMSとしました。)配送にかかる日数と送料を記載します。

 

image21

同様に、イギリスも設定をしました。

設定が終わると、このように表示されます。

これで、海外向けネットショップ、越境ECのネットショップの設定が完了です。

最後にWixストアを使ってみた感想

オンラインのホームページ作成サービスの「Wix」のネットショップ機能を実際に管理画面をみながら使ってみましたが、

トップページやカテゴリーページ、特集ページ、商品ページといった

やはり、ホームページを作る部分は圧倒的に使いやすいです。

思った以上に簡単でした。

他の一般的なネットショップ開設サービスではここまではできませんね。

これならば、Webデザイナーでも無い、担当者さんでもページを作ることができます。

ただ、日本向けの場合には、ショッピングカート部分は少し弱いかなと感じましたが、

今回は、海外向けのため 国ごとで送料等を細かく設定でき、支払い方法もクレジットカード決済とPayPalがあれば

大丈夫だと思います。

Wixストアの利用料金も、中小企業や個人事業主の方でも利用しやすい価格設定ですね。

Follow me!

無料メルマガ会員募集中

イベント情報や最新ノウハウ、新着のサービス案内など、
海外向けのネットショップをこれから開業される方、
すでにネットショップを運営している方には集客など役立つ情報をメルマガで
配信しています。

メルマガ登録は、無料です。