越境ECの教科書

プロトタイピングとリーン開発で新たな価値作りに取り組む「じゃらんnet」 – @IT


@IT

プロトタイピングとリーン開発で新たな価値作りに取り組む「じゃらんnet」
@IT
一方で、宿泊施設には、日本語だけでなく英語など多言語での対応が求められる。また、ユーザーの予約チャネルも多様化しており、宿泊施設の運用業務も複雑化してきている。一方で、現場では人手不足が叫ばれて久しい。「じゃらんnetが保有してきたデータや培ってきた知見を生かして、業務効率化へ寄与したい