越境ECの教科書

サイバー犯罪者が悪用するランサムウェア攻撃サービス「RaaS」に懸念 – インターネット・セキュリティ・ナレッジ


インターネット・セキュリティ・ナレッジ

サイバー犯罪者が悪用するランサムウェア攻撃サービス「RaaS」に懸念
インターネット・セキュリティ・ナレッジ
多言語にも対応しており、2017年1月時点では、英語以外の8言語で、身代金の要求メッセージ(ランサムノート)が登録されていました。「SATAN」のサービスは更新され、新機能も提供されていましたが、2018年5月時点では、RaaSサイトはアクセス不可となっていました。