「日本の発言力と対外発信」の著者が伝えたかったことは – BLOGOS


BLOGOS

「日本の発言力と対外発信」の著者が伝えたかったことは
BLOGOS
第3章では多言語発信の現状が紹介されているが、最も多くの言語でラジオ放送を行っているのは「中国国際放送」(CRI)で61言語、これに米「ボイス・オブ・アメリカ」(42言語)、ロシアの「スプートニク」(39言語)と続く。NHKの国際放送(「NHKワールド」)は18言語だという。