119番 15言語に対応 あすから秦野市消防本部 – 東京新聞


東京新聞

119番 15言語に対応 あすから秦野市消防本部
東京新聞
秦野市消防本部は六月一日、英語や中国語、韓国語など十五言語で一一九番に対応するサービスを始める。二〇二〇年東京五輪に向けて外国人が増えるのに合わせた措置。県によると昨年末現在、県内二十四の消防局・本部の半数が同様のサービスを導入している。

Follow me!

無料メルマガ会員募集中

イベント情報や最新ノウハウ、新着のサービス案内など、
海外向けのネットショップをこれから開業される方、
すでにネットショップを運営している方には集客など役立つ情報をメルマガで
配信しています。

メルマガ登録は、無料です。