公共交通事業者の目指すべきサービス水準を明確化 災害時の多言語情報発信など8項目 観光庁 – 旅行新聞新社


旅行新聞新社

公共交通事業者の目指すべきサービス水準を明確化 災害時の多言語情報発信など8項目 観光庁
旅行新聞新社
基準をみると、多言語情報発信、災害など異常時における多言語の運行情報提供、Wi-Fi環境とオンライン予約環境の整備のソフト面が4つ。トイレの洋式化と、クレジットカード対応券売機の配備、交通ICカード対応、荷物置き場の確保のハード面が4つの計8個となる。