越境ECの教科書

川崎市、外国人も住みよいまちへ 「罹災証明」「保育申請」など資料を多言語化 – 東京新聞


東愛知新聞社

川崎市、外国人も住みよいまちへ 「罹災証明」「保育申請」など資料を多言語
東京新聞
川崎市内に住む外国人たちの意見を市政に反映させようと開かれている「市外国人市民代表者会議」は18日、取り組んできたことなどをまとめた2017年度の年次報告書を公表した。その中で、外国人が市役所に各種申請する書類の書き方について、英語や中国語など複数の言語で示しており、これを活用するよう市
豊橋市がセブン銀行と多文化共生協定東愛知新聞社
避難所も多文化共生を 外国人代表者会議、市へ提言 運営協力に多言語シートカナロコ(神奈川新聞)

all 3 news articles »