復興拠点に 国が民族共生象徴空間の概要 白老町で2020年に一般公開 /北海道 – 毎日新聞

復興拠点に 国が民族共生象徴空間の概要 白老町で2020年に一般公開 /北海道
毎日新聞
一度に約80人が参加可能な慰霊儀式向けの建物には、伝統的な住居で三角屋根が特徴的なチセの形状を取り入れ、儀式用のいろりを設置した。 納骨堂を備えた墓所は長方形のシンプルな外観とし、室内には遺骨のほか副葬品も保管できるようにする。 ☆国立アイヌ民族博物館. 道内で初めての国立博物館と

and more »

Follow me!

無料メルマガ会員募集中

イベント情報や最新ノウハウ、新着のサービス案内など、
海外向けのネットショップをこれから開業される方、
すでにネットショップを運営している方には集客など役立つ情報をメルマガで
配信しています。

メルマガ登録は、無料です。