インバウンド市場調査総合越境EC

インバウンドが好調!?国内中堅中小企業のIT投資の今後の動向をIDCが予測

投稿日:
国内中堅中小企業IT市場 前年比成長率予測:2015年~2020年

インバウンド好調でも、ITサプライヤーがおさえておくべき、ポスト’2020の戦略とは

IDC Japan(株)が国内中堅中小企業のIT投資の今後の動きを予測しています。

2016年では、インバウンドに伴う好調な業績もあり
一部中小、中堅企業では堅調にIT投資が行われていますが
国内、海外景気が不透明なこともあり全体としてはほぼ横ばい。

2017年からは、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて
中小企業のシステム開発や刷新のためのIT投資の伸びが見込まれています。

また2020年にはWindows7のサポートが終了するため
しばらくはPC更新などの需要も予測されています。

国内中堅中小企業IT市場 前年比成長率予測:2015年~2020年

問題は2020年以降ですが、ITサプライヤー企業が生き残りのために
考えたいヒントが示されています。

クライアントの企業戦略目的を達成するためには?!

※この情報は公式HPより引用させていただきました。

インターナショナルデーターコーポレイションジャパン株式会社