中国広告市場のマーケティングを過去に振り返って確認(2015年時点)

講座概要

中国広告市場の現状を知り、”曖昧な知識”や”誤解”を払拭する

  1. 日中広告市場の現状と展望
    中国の五大媒体の広告費は2012年に日本を上回る/EC市場の拡大に比例し、バーティカル検索広告の規模も急拡大/ECモール内広告とは(バーティカル検索広告・ディスプレイ広告)/メデイア別では「百度(BAIDU)」と「淘宝(TAOBO)」が圧倒的な売上
  2. 中国の広告市場が急成長している背景
    経済発展=GDP成長による購買力の向上/インターネット人口の継続拡大/モバイルインターネット=スマートフォンの普及
  3. 中国国内の広告市場の今後の方向性
    日本と比較すると、特にアドテク分野において中国は約1~2年程度遅れている/中国では、日本と異なり、多くの種類の異なるビッグデータ取得が可能
  4. まとめ

公開日:2015年11月
引用元:独立行政法人 中小企業基盤整備機構

引用元URL
https://ec.smrj.go.jp/overseas/

※中小機構(中小企業基盤整備機構)が運営している中小企業のためのEC活用支援ポータルサイト「ebiz」では中小企業の販路開拓支援を目的としたオンライン講座・イベント・セミナー等が案内されています。国内に加え、海外向け(越境EC)のニーズに対応したオンライン講座の配信なども行っています。