海外ネットショップ開設講座

海外に販売するために、ネットショップを開設するために必要なことを紹介します。

日本国内向けのネットショップと同様に、商材・決済・配送等決める必要があります。

海外ネットショップで必要なこと

(1)商材の準備

日本から海外へ販売する際に、どういう商品を販売するのかを決める必要があります。

すでに商品があり、それを海外にも販売したいメーカーさんや

海外向けに売れる商材をオリジナルで作る場合など様々です。

 

(2)海外に販売可能か、販売する国で輸入できる商品か確認する

日本から海外に販売できない商品があります。

配送する際に、郵便局の国際郵便(EMS)で送れない商品があります。

 

(3)販売するターゲット・国・言語を決める

国により、需要も異なります。

これから海外向けのネット通販を始める方場合、英語が得意な方や中国語が得意など

運営される方の得意言語から販売する対象国を決め、言語を決めて販売します。

 

(4)為替も考えて価格を決める

日本から日本へ販売するネットショップと異なり、海外へ販売するには常に為替を意識した

商品価格を設定する必要があります。

今、円高傾向ですので海外向けには追い風になっています。

国内向けのネットショップに比べて、海外向けの販売は、手間がかかります。

人件費が国内向けよりもかかるため、利益の出る販売価格の設定が必要です。

 

(5)ネットショップの構築方法を決める

自社用にネットショップのシステムを構築する場合や

モールへ出店する、もしくはショッピングカートを利用するなど、販売する方法を決める必要があります。

海外向けのネットショップを構築するための専用ショッピングカートや

ショッピングモールに出店する方法があります。

予算や通貨や言語などの必要な機能から選んでください。

 

(6)決済方法を決める

海外向けのネットショップでは、日本のような代金引換、銀行振込がメジャーではありません。

海外でよく利用されている決済方法を紹介します。

 

(7)物流・配送方法を決める

海外向けのネットショップで地味ですが、一番ネックなのが配送です。

日本と異なり、海外は時間帯指定や代引き等もほとんどありません。

配送途中での物損の可能性もあるため、一番気をつける必要があります。

海外へ発送する場合は、インボイスを付ける必要があります。

(1)海外向けに売る商品・商材の準備

image32

どういう商品を販売するのかを決める必要があります。 海外にも販売したいメーカーや海外向けに売れる商材をオリジナルで作る場合など様々です。

詳しくはこちら

(2)海外に販売可能か、販売する国で輸入できる商品か確認する

image33

配送する際に、日本から郵便局の国際郵便(EMS)で送れない商品があります。 国際郵便(EMS)で送れない郵送禁止物品の例を見てみましょう

詳しくはこちら

(3)販売するターゲット・国・言語を決める

image28

販売するターゲットをしっかり決めることが海外ECの成功への近道です。それが決まれば言語、国も決まります。

詳しくはこちら

(4)為替も考えて販売価格を決める

image24

日本から日本へ販売するネットショップと異なり、海外へ販売するには常に為替を意識した 商品価格を設定する必要があります。

詳しくはこちら

(5)構築方法(出店orショッピングカート)を決める

image26

自社用にネットショップのシステムを構築する場合やモールへ出店、ショッピングカートを利用するなどを決めます。

詳しくはこちら

(6)海外向けの決済方法を決める

image13

海外向けのネットショップで利用されるる決済方法を紹介します。

詳しくはこちら

(7)配送方法を決める

image19

国内から海外のお客様へ配送する方法をいくつか紹介します。

詳しくはこちら

海外ネットショップ開設講座の基礎・準備編

無料メルマガ会員募集中

イベント情報や最新ノウハウ、新着のサービス案内など、
海外向けのネットショップをこれから開業される方、
すでにネットショップを運営している方には集客など役立つ情報をメルマガで
配信しています。

メルマガ登録は、無料です。